2016年07月

今回の夏合宿も、毎年お世話になってます

板付キッズさん

春住さん

と合同合宿です

イメージ 1

ジュキが見つめるなか、暑い熱い戦いが始まりました


イメージ 2

今回は、普段見れない4・5年の試合もしっかり見れ

イメージ 3


イメージ 5


これから関わる事が増える4年生とも

イメージ 4


新メンバーのユウト

イメージ 6


怪我上がりのショウエイとも

イメージ 7

コミュニケーションを深め、子供達の距離も縮める事も

イメージ 9

トレーニングもしっかりできました
(*´∀`)♪

イメージ 8


暑い中のつかの間の休息……


初日の6年生は、怒られる場面が多かったなぁ


コーチ達が言ってることは変わってません


早く気づいて、行動に移さないと
あっという間に卒業になってしまうぞ

イメージ 10

トップチームの守護神は、来週の試合は、大人のゴールだぞ大丈夫かぁ?



イメージ 11

大丈夫か……な?



この合宿では、6年生の8人には厳しい注文をしました(乗り越えれないハードルは、設定しません)

でも、8人が最後に最高な笑顔で終われる為に必要なことです

上手い、下手とか二の次

先ずは、チームの顔という意識を持ち
取り組んでいきましょう

イメージ 12


そして、こんな場面を


何度も何度も何度も


見せてくれ



では、つづく……

子供達の楽しみにしてたイベント




夏合宿が土日に行われました

イメージ 1





4、5、6年生で一緒に動く事なんか



滅多にありません



だから、本当に楽しみな合宿でした


イメージ 2


やっぱり後ろが一番いいねー



ワタシは酔うので、一番前でした
( ̄▽ ̄;)




イメージ 3


新メンバーとの距離を縮めるには泊まりの合宿が一番





イメージ 4



いいねー盛り上がってるねぇー
後ろは、アンディパパにお任せです




イメージ 5

イクロー、、酔ってるのか?



イメージ 6

車酔いコンビのテツヨウヘイは薬が効いてるのか爆睡



イメージ 7


監督も爆睡です( ̄▽ ̄;)



イメージ 8


広川SAで休憩をし、目指すは
グリーンピア八女




イメージ 9

会場入りして、直ぐに試合の準備です



今回は、子供が多いので重いものを運ぶのから、全てをやってもらいます



ですが、、、朝からいきなり雷が落ちました




イメージ 10


サッカーは、その試合だけ気合いを入れても勝てるものじゃない


準備等も同じです、いかに普段から自分で考えて取り組むかが大事です



さぁ、2日間で成長できるかなぁ?



合宿、開幕です




つづく……


話題の映画を今日観に行った

そう『ペレ 伝説の誕生』だ

サッカー経験の無いワタシでも、プレーを直接見たことないが、その名前は知っている


20世紀最高のサッカー選手だ


この映画を観終わり、自分の中で引っ掛かっていたものがスッキリと解消された、一緒に観に行った7人の子供達も
強烈な影響を受けている様だ


いつの時代も道を切り開くものはバカにされ、変人扱いされる


特に日本サッカーは、型にハメたがるのと、選手の一挙手一投足にうるさすぎるチームや指導者が多い


プレーしているのは選手(子供)達であり、彼等の視点は彼等にしか分からない、選択が仮に間違っていようと、それは100%間違いではない


映画に感化された感が若干あるワタシのコメントだが、サッカープレーヤーとしての経験が無い分


違う視点からの指導ができる


今回の映画を観て、常に子供達に言ってる


『勝ちたいなら、楽しめ』


これを理解してもらいたい、そして是非とも美和台JSCの子供達には全員観てほしい


スペインサッカーが凄かったら、スペインサッカーになり

ドイツサッカーが凄かったら、ドイツサッカーになる


そうでは無い、自分自身の創造性を爆発させるスペクタクルなモノを貫いてほしい



あぁーーー、やっぱり感化され過ぎかな~


でも、心が震える映画を久々に観れて良かった

en adios (*´∀`)♪





夏休み真っ盛りだ

そして、ポケモンGOが話題だ



ワタシはゲームはやらない、


いや、やらなくなった


が正しい言い方かな……


学生時代は、かなりのゲーマーだった

全国トップランクにも入ったことがある

なのに、いまは全くやってない


それは、いま目の前にいる子供達の成長の方が数倍楽しいからである


ポケモンを見つけるよりも


昨日できなかった事が、できるようになった事を見聞きすることの方が数倍うれしい


ゲームはバーチャルな世界だ


いくら、リアルになろうが現実ではない


ポケモンをゲットして果たして何になるんだろうか?


……と、これ以上話すとただのポケモン批判になるのでこれくらいにして……




夏休みも残り一ヶ月になってきた

6年生の8人は小学生最後の夏休みだ


特にトップチームの子供達には、一人一人が自分の引き出しを『いっぱい』にしてほしい

引き出しとは、自分が取り組んだ様々な事だ

ここ一番の大事な瞬間、苦しい瞬間が訪れた時に


より多くの種類の引き出しを、数多く持った子が必ず乗り越えることができる


夏休みは、この引き出し(モンスターボール)にたくさんのモノ(モンスター)を詰め込める貴重な休みだ


どうか、子供達にはより多くのリアルな
モノをゲットしてほしい


バーチャルなモノではなく


リアルなモノを……



en adios (*´∀`)♪

↑このページのトップヘ